乾燥の季節ですよ~~お肌の乾燥を防ぐために食べて欲しいもの!

こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
 
 
日本の秋、そして冬は空気が乾燥して肌にダメージを与えます。
夏には肌の乾燥を感じなかったのに、9月に入ると急に口の周りの乾燥が気になったりしませんか?
女性は特にある日突然感じるんですよね。
 
化粧水をたっぷり肌に入れることや保湿成分のある入浴剤を使うなどの方法に加えて欲しいのが、肌の保湿をしてくれる食べ物をこまめに食べる事をして下さい。
そんなわけで、乾燥を防ぐ食べ物をギュッと紹介します。
 
 
 
まずは 黒いご飯
20151227
東洋医学では五臓の一つ「腎」は肌に深いかかわりを持つといわれています。
腎臓のことです。
この腎は、五色の内の黒を象徴していて、黒い食材を食べると健康になるんです。
黒豆や玄米、黒米、ひじきを炊き込んだ黒いご飯で、腎を元気にして肌の乾燥やシワを防ぎましょう。
 
 

牡蠣
20160908-1
牡蠣は海のミルクと呼ばれていて、栄養価も素晴らしいですよね。
昔から女性達はぷるぷるの肌になれると好んで食べていたそうです。
秋、冬はまさに牡蠣のシーズン。
肌を綺麗にしてくれるために牡蠣たちが店頭に並びます。
鉄分や亜鉛を多く含んで、造血作用もあります。
そして、牡蠣のたんぱく質はすべての必須アミノ酸と同時に12種以上のアミノ酸を併せ持って、とっても良質。
牡蠣を食べて、お肌をキレイにしましょう。
 
 
ナッツも見逃せない
20140616
乾燥肌の対策には、ビタミンA、Eが有効です。
ビタミンAを含む野菜は、ほうれん草や小松菜、カボチャなどで、Eを含むものはナッツ類です。
野菜のクルミ和えや野菜とカシューナッツの炒め物など、野菜+ナッツの組み合わせで食卓を彩りましょう。
毎日コツコツ食べれば、お肌の乾燥も気にならなくなるかも・・。
 
 
これからの季節に気になる乾燥も、肌にいい食べ物で乗り切りましょ。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...