年をとってからの粗食はあかんよ!

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
 

私たちの身体の源となる「食事」。
毎日3食、何を食べていますか?
 
今、常識となっているのは、「摂取カロリーを抑えよう」「動物性脂肪を取り過ぎないように」など、メタボを予防する目的とするものです。
もちろん、メタボは脳卒中や心疾患などの循環器系の病気を起こしやすくしますから予防はとても大切なことです。

でも、現代の日本人は、世界各国の中でも肥満の方はとても少ないのが現状です。

 
あなたは本当に太ってますか?
重度の糖尿病を引き起こすような飽食の方は別として、ほとんどの方は、カロリーコントロールがそこそこ出来ていて、そんな方に粗食をすすめると、かえって低栄養状態になって、老化を進行させる危険があります。
 
特に高齢者は肥満の人が減って、痩せの人が増える傾向になります。
身体が弱くなっていくのに、胃だけが強くなることはもちろんありません。
年とともに、だんだんと食物を消化する力も衰えていきます。
また、噛む力もも弱くなっていって、食も自然と細っていくのです。
太ってない人に、粗食を勧めると、すぐに痩せて身体を壊してしまいます。
 
20160407
「年をとると肉は必要ない」なんて、思ってませんか。
若くても年をとっても、身体作りをするたんぱく質や、ビタミンミネラルの量は変わりません。
むしろ、高齢期には胃や噛む力が弱くなるので、しっかりと食べることを考えてくださいね。
十分にたんぱく質をとらないと、身体の中の筋肉が分解されて「生きる」ために使われます。
年をとって、痩せてしまうのはコレが原因です。
 

そして、たんぱく質の低栄養が続くと、免疫力が低下したり、風邪を引きやすかったり、足がむくみやすかったりというサインが出てきます。
 
年をとっても、肉も魚も豆もそして野菜も、たくさん食べましょう。
粗食でなく、何でも食べて、いつもぽっちゃりをキープしてくださいね。
元気なお年よりは、たくさん食べていますよ。

 

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

You may also like...