辛い貧血の症状を良くするには?

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日は、最近めまいをよく起こすというKさんからの質問です。
肌が白く、どちらかというと青白い色に近いKさんは40代。
ここのところ疲れやすく、めまいを起こすそうなんですね。
特に病気は無く、毎日の食事内容を聞いていると、それはそれは量が少ない!
よくそんな少量で、動けているものだと感心してしまいました。
貧血は無いの?と聞くと、常に貧血です!とキッパリ答えてくれました(笑)
貧血を治すことが一番だと伝えると、何を食べたらいいのか分からないので教えて欲しい、ということで今回のテーマの「辛い貧血の症状を良くするには?」です。
20150420

貧血の原因は?

病気などの原因を抜かすと、貧血の大半は鉄欠乏によるものです。
女性の5人に1人は貧血、またはその予備軍と言われますが、インスタント食品やコンビニ食を続けている男性にも、貧血が多く見られます。
鉄は、吸収率が低いために、欠乏しやすいミネラルなのです。

貧血になると?

鉄分が不足すると、血液や筋肉に十分な酵素が運べなくなり、疲れやめまい、顔面蒼白などを起こします。
鉄欠乏がゆっくり進むと、身体がそれに慣れて自覚症状が出ない人もいるんです。
その他にも、動悸や息切れ、寒さを人より感じやすかったり、食欲が無いなどの症状もあります。

鉄分と野菜を摂一緒に摂ろう

鉄には動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性食品に含まれる非ヘム鉄があります。
ヘム鉄は、レバーで分かるように肝臓に多く含まれていています。
アサリやシジミ、血合いや内臓を丸ごと食べる食品、赤身の肉、缶詰のコンビーフなどにも多く含まれます。
非ヘム鉄は、ひじきやきくらげ、大豆やパセリ、ココアなどに含まれます。
動物性のヘム鉄のほうが非ヘム鉄の5-10倍の吸収率があると言われていますが、大事なのはビタミンCと一緒に摂ることです。
焼き鳥のレバーをひたすら毎日食べるよりも、色の濃い野菜を一緒に食べる事が大事で吸収を高めますし、ビタミンCは、鉄分の吸収を高め、ヘモグロビンの合成も助ける造血ビタミンでもあるので、一緒がいいんです。
20150321
アサリとほうれん草の組み合わせもいいですよね。
ヘム鉄も非ヘム鉄も、色の濃い野菜と一緒に、少しずつコツコツと食べてくださいね。

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 
 

まとめ

血液検査などで貧血とわかると鉄剤を処方されて、飲めばすぐ効果が表れますがそれで治ったと思ってはダメです。
血液中の鉄の濃度は薬でリカバーされても、鉄の貯蔵庫である肝臓のストックはすぐには満たされません。食事で根気よく!が、一番の近道です!
貧血を改善して、毎日元気に笑って過ごしましょう!!

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...