食べにくい食材で、認知症予防

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

食事で、食べにくいものを食べていますか。
残さず食べて欲しいから、食べやすい食材をどうしても出してしまいますが、時には食べにくい材料も、認知症予防のためにいいですよ。
20150622
今日は認知症予防のための食材の話です。

肥満やメタボは認知症になりやすい

美味しいものはどうしても食べ過ぎてしまいます。
油や糖分が多いものがほとんどですよね。
脂肪分や糖分を摂り過ぎたのに燃焼させずに蓄積されると、メタボリック症候群になります。
健康診断でも、メタボ検査は行われていますが、メタボリック症候群に陥ると高血圧症や動脈硬化症を発症させる危険が高まるからです。
それを外側から診断するのがメタボ検査です。
アメリカで行われた調査によると、カロリー過剰摂取が適正量の人と比べてアルツハイマー型認知症になるリスクは、1.5倍になるという報告がありました。
カロリーだけでは判断してはいけないですが、いずれにせよ食べすぎは認知症を引き起こすものだと知っておかなければなりません。

食べ過ぎを防ぐためには

人の満腹中枢は、食べ始めてから20分くらいで刺激されるといわれています。
もちろん個人差はあると思います。
早く食べていては、満腹中枢が働くまで腹八分では止まりません。
時間がなくて、5分や10分で食べ終わって、足りないと思って別のものを食べたりしませんか。
食後に気持ちが悪くなるのは、血糖値が上がり過ぎているためで、明らかに食べすぎです。
食べ過ぎを防ぐために、意識してゆっくり食べるといいですね。
噛む回数を増やす方法もあります。
噛むことで脳の活性化も図れるので、よく噛んでゆっくり食べれば、健康にも脳にもいい影響があって一石二鳥です。

食べにくいものを食事に取り入れましょう

焼き魚や煮魚は、骨があってなかなか簡単には食べる事が出来ません。
若い人には不人気なメニューですが、食べにくいからこそゆっくり食べるための食事に適しています。
また、シジミや骨付きの肉なども良いですね。
小さなシジミを食べるときも時間がかかりますし、骨付きの肉もどこから食べるか考えながら食べるので、脳を働かせながらゆっくり食べる事に繋がります。
そしてカニ。
季節的には、なかなかお目にかかれませんが、カニも食べにくい食材の一つで食べるのに真剣になります。黙々と食べてしまうのは、食べることに一生懸命になるからです。
他にも、ちょっと硬いものなどを、食事の1品に入れれば、バリエーションに富んだ食事になりますよね。
ゆっくり時間をかけて食べて、メタボ予防と脳活に役立てましょう。

 
 

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。
 
メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 
 

まとめ

忙しくて時間がないと、つい早く食べてしまいがちです。
早く食べる事でたくさん食べ過ぎてしまったり、噛む回数が減ってしまいますから、身体にも脳にも良くないですよね。
出来る時は、なるべくゆっくり時間をかけながら食べましょう。
時には、友達とおしゃべりしながらのランチも良いですね。
認知症予防のために、なるべくゆっくりそしてしっかり噛んで食べてくださいね。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい健康料理教室を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...