左手を使って、認知症予防に役立てましょう!

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

20150326-1
今日は利き手と逆のほうの手をなるべく使って、
脳に刺激を与えましょうっていうお話です。

利き手ばかり使う日常生活

皆さんは、右利きですか?左利きですか?
普段、何気なく生活しているとどうしても利き手ばかり使ってしまいますよね。
ご飯を作ったり食べたり、洗顔したり、歯磨き、化粧、ブラッシングなど、起きてから行動を思い出してみても、反対の手はあまり出番が回ってきません。
パソコンで文字を打ったり、手紙を書くときに紙に添えたりと、使う頻度は利き手の半分以下かもしれません。

意識的に、左手を使ってみる

脳トレのために、右利きの人はお箸を左手でつかってみよう、なんて話がよくありますが、ハードルが高すぎて出来る感じがしません。
美味しいものを食べるときに、イライラの気持ちが出そうですよね。
でも、利き手ではない手を使う事は脳にはとっても良い刺激なんです。
人の身体では右脳が左半身を、左脳が右半身をコントロールしています。
利き手と逆側の手を意識的に使うことで、普段とは違う刺激を脳に与えられます。

利き手以外でキャッチボール

大リーガーのダルビッシュさん。
利き手以外でキャッチボールをしている姿を時々ニュースで見ます。
初めは、スポーツが出来る人って、利き手以外でも上手なんだぁ・・・なんて思っていたんです。
後日談を聞いてみると、アレはトレーニングとしてやっている事を知りました。
利き手以外の手でキャッチボールすることで、体のバランスが取れて、利き手のボールがものすごく活きてくるらしいのです。

簡単な脳トレ

利き手以外で食事をしたり文字を書いたり、ダルビッシュさんのようにキャッチボールするのはちょっと至難の業ですよね。
そこでお勧めなのが、植木の水遣りや歯磨き、プッシュフォンの番号を打つなどを利き手以外の手でやってみる事です。
どれも簡単そうに見えますが、実際にやってみると利き手と同じようにはいきません。
最初は少し戸惑うかもしれませんが、その戸惑いが脳の良い刺激となって活性化されます。
普段使わない手の筋肉の刺激にもなっていいですよ♪

 
 

食べ物のこと、健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

まとめ

脳は使えば使うほど鍛えられます。
反対に使わなければ、退化していくというのも真です。
日常生活のちょっとした仕草を、意識的に逆の手で行うことで、脳は刺激されます。
初めはちょっとだけ戸惑うかもしれませんが、慣れていくとスムーズに行きます。
ゲーム感覚で楽しんでやると脳は更に喜びます。
私は左手で歯磨きしていますが、結構難しいですよ。
自分の思ったように歯ブラシが動かなかったりして、鏡に映った顔はとても面白い!
こっそりと変顔を楽しんでます。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい健康料理教室を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...