年末年始もずっと元気に美味しく食べるために

こんにちは。 
沖縄好き楽食アドバイザーの名畑のぞみです。
 
 

12月も後半に突入してきました。
久しぶりの人と会えたり、家族や友達とのパーティが楽しみですが、会合続きだとどうしても疲れてくるのが「胃腸」です。
クリスマスや忘年会が続く12月は、こってり料理が続いて、胃腸のご機嫌はいかがでしょうか。
もしや、既にお疲れ気味なのでは?
本番を楽しむために、簡単に胃腸を元気に保つ方法をお伝えしますね。
 
 

胃もたれの原因は?

いつまでも食べたものが胃に残っている感じがしたり、胃が重く感じる症状がある人は「胃もたれ」を起こしています。
脂っこいものを食べ過ぎたり、時間が無くって良く噛まずに飲み込んでしまったり、食べすぎや飲みすぎ、また、寝る前に食べたりしても胃もたれを起こします。
また、12月も押し迫ってくると、疲れや仕事や家事などでストレスがかかり、胃もたれが出やすくなります。
 
 

胃もたれのときは?

胃を休ませることが大事ですが、全く何も食べないのもあまり良くないです。
冷たいものを控えて、食べるものや飲むものは温かいものや常温のものを口にしましょう。
調子の悪いときは、腹巻などでお腹が冷えないよう注意して、消化の良いものを食べる事をお勧めします。
消化の良いものは、食物繊維や油分の少ないもので、お粥や豆腐のおかゆなどがお勧めです。
20151214-1024x765
もし野菜を食べるのでも、油で炒めるのではなく、ゆでたり蒸したり煮たりして、柔らかくすることで、胃への負担をグンと少なくすることができます。
消化酵素のある野菜をなるべく食べる事も良いですし、消化の良いたんぱく質を適度に摂ることも大切です。
ジアスターゼという消化酵素が、大根やカブ、山芋に多く含まれます。
自然の野菜食べて、胃を保護してくださいね。
 
 

揚げ物を食べるときは

揚げ物ばかり食べるのではなく、野菜と共に食べてくださいね。
20151224
特に、ビタミンUが含まれている野菜がお勧めです。
我が家では、キャベツやレタス山盛りの上に、揚げ物が乗りますが、メインは野菜です!
ビタミンUは、キャベツから発見されてキャベジンとも呼ばれる栄養素です。
胃腸の分泌を調整したり、粘膜の新陳代謝を活発にして、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治りやすくすると言われているんですよ。
キャベツやレタス、アスパラ、セロリ、大根、白菜などに含まれますが、野菜以外にも、青のりや緑茶にも含まれます。
揚げ物+野菜の食後に、お茶でゆったり過ごすのも、胃のためには良いですね。

 
胃の調子が悪いままでは、ご馳走を目の前にしたまま思うように箸が進まず、クリスマスや年末の楽しみが半減します。
今から胃の調子を整えておきましょう。
よく噛むこと、冷やさないこと、野菜も食べること、休むこと、寝ること・・・この5つがあれば、大概は大丈夫です。
 
 
年末年始が楽しい時間になりますように!
 
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...