年を取れば取るほど、食べることを大切にしたい!

今夜から雪の予報が出ている横浜です。
外は、だんだんと寒くなってきました。
皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。
こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
img_55991
今夜は寒いので、豆乳の味噌汁で温まります。
 
 
 
先日、お友達のお母様(91歳)の方のお見舞いに行ってきました。
今回は結石が悪さをして40.5度の最高記録を打ち出してしまったと聞いて、さぞかしげっそりとしていると思って伺ったんですが、発熱後3日にして、顔色も良く肌つやもとってもよくって、お見舞いに伺った私がビックリしたほどでした。
そんなに発熱してもどうして元気なのか?
とっても不思議に思いましたが、やっぱり元気の原因は食べ物にありました。
ご飯は柔らかく煮てもらうものの、出されたすべてものを完食。
そして、デザートやお茶などもたっぷり召し上がっていらっしゃったんです。
6人の大部屋だったのですが、他の人は、食事の量がだんだんと減ったため、点滴やチューブの栄養補給に切り替えていました。
この方のみは、家族の協力もあって、口から食べる事を大切にしてました。
 
 
見比べるのは大変失礼とは思いましたが、口から食べているこの方の元気の度合いは明らかに違ってました。
 
 
いくらビタミンやカロリーなど数字的に理想の栄養を補給していたとしても、口から食べたものと口以外から入れたものでは、身体の中への入り方が違ってくるんです。
目で美味しそうなものを見て、鼻から美味しい匂いをかいで、口で噛んで頭に指令を出して、「栄養がきたよ~~」と食道から胃そして腸が動き出し、細胞まで栄養を行き渡らせるシステムって、科学ではまだまだ解明できない話じゃないでしょうか。
体の吸収率を考えれば、やっぱり口から食べることをなるべく大切にしたいですよね。
何よりも食事を楽しみたいですしね。
 
 
年を取ると、食が細ってくる、また栄養はいらないって言いますが、そんなことはありません。
若くても年をとっても体の細胞は生まれ変わっているから、栄養は必要なんです。
 
 
毎日食べること、これを面倒くさがって止めてしまうと、胃や腸も「俺達働かなくっていいんだ~~」と思って動かなくなります。
明日のために、なるべく「食べる」ことを大切にしなくちゃ!と改めて考えさせられました。
 
 
食事、楽しみましょう!
そして元気になりましょう!

 
 

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。
 
メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

You may also like...