秋も食中毒が多いよ!気をつけて!!

こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
 
 

昨日作って置いた大豆の炊き込みご飯。
そのままにして、今朝見てみたら、腐ってはいないけれど、何となく怪しいということで、食べられなくって残念な名畑です。
ちょっとご飯の粘り気やほのかに香る匂いがちょっと違ったんですよね。
 
 

暑い夏が終って、食べ物の管理が楽になるかなぁって思ってたんです。
でもね。
秋も食中毒が多いみたいです。
 
 

食中毒で有名なのが、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などですね。
微生物の多くは、気温の上昇によって大集団になるんです。
夏も暑いけれど、秋も微生物にとっては過ごしやすく、増殖しやすい季節。
と言うのも、厚労省が発表する食中毒の数は、夏が多いと思いきや秋もなかなかの発生数なんです。
夏と同じ菌もあるんですが、秋はノロウィルスなどのウィルス性の食中毒やキノコなどの食中毒も増えてくるので、これも気をつけなくちゃいけないですね。
 
 

昨日の私のように、「ちょっと涼しくなったから、一晩くらい大丈夫だろう」という気の弛みが菌を増やしているのかも知れません。
菌たちは常に居ると思わなくちゃ!
まずは、菌をつけない、増やさないために食材の管理と共に手洗いをしっかりとしましょう!
20160607-7
二日目の炊き込みご飯を楽しみにしていたのにとっても残念でした!!
 
 

同じものを食べても、しっかり食中毒にかかる人と、ちょっとの下痢などで終る人もいますよね。
その違いは、胃や腸の元気さにかかわっています。
胃や腸が元気だったら、要らないものが入ってきたらすぐに解毒して出してしまおうと即座に働いて、そんなにひどいことにはならないんです。
旬の野菜をよく噛んで食べること、体を冷やさないこと、そして添加物を摂りすぎないことも大切です。
添加物をたくさん摂ってしまうと、腸の中の良い菌たちも少なくなっちゃうんです。
そうすると、食中毒の菌たちをやっつける兵隊が少なくなって、菌たちの思う壺と言うわけです。
 
 

一旦食中毒にかかると、回復までとっても大変です。
かからないために、そして悪くしないために、体を温めること、自然のものを食べること、この時期は少し気をつけてくださいね~~。
 
 

健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。

お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

You may also like...