暑いから熱中症になるわけじゃないですよ~

こ最近、熱中症の話題を耳にするようになってきました。
もう毎日蒸し暑いですね。
こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

前に書いた記事のリライトでお届けします。

熱中症は暑さだけが原因じゃないんですよ。
熱中症にかかる人の人数は、夏に多いと思いきや、暑くなり始めの5-6月も熱中症って実はとても多いんです。
暑さが熱中症の原因と思われがち。
もちろん暑さも関係ありますが、気温が暑いから熱中症になるのではないのです。
暑さだけが原因であれば、高校野球の生徒達やサッカー選手たちは、全員が熱中症になっているはず・・・。
炎天下でプレイしても、熱中症にかからない人達がいる事は、暑さだけが原因でないことを証明しています。

大切なのは汗腺の働きなんですよ、汗かいてますか?
春から夏に移り変わるこの時期は、私たちの体もまだ春の状態で、夏仕様に変化できてないことが大きな原因です。
夏仕様の体は「良い汗」をしっかりとかける体の事!
同じ汗でもベッタリとした汗とサラッとした汗が、あるのを感じませんか?
サラッとした良い汗はミネラル分の少ない汗で、ほとんどの汗腺から汗が出ます。水分なんですね。
べったりとした汗は、休んでいる汗腺が多いため、働いている汗腺がほかの汗腺の分まで働きすぎて、ミネラルを含んだ大汗を出してしまいます。
ミネラルが出てしまう分だけ、身体のバランスが崩れて、それが身体の疲れになります。

汗腺を開かせる簡単な方法があるんです。
熱中症にならないように、ミネラルを含んだ水分補給を…とよく言いますが、休んでいる汗腺の目を覚ましてあげることが、熱中症にならないための第一の予防法です。
そのためには、自宅のお風呂を有効活用しましょう!
お風呂に入って、熱めのお湯で手足を温め、風呂上りではエアコンで身体を冷やさず自然乾燥させること。
せっかく開いた汗腺がエアコンでまた閉じないようにするのがポイントです。
これを繰り返すことで、汗腺が働き出します。

汗腺を開かせた後は、十分な水分補給をしてくださいね。
水分補給には、白湯やお茶が良いですね。
糖分の入った飲みものは、血糖値を上げてのどの渇きを再び呼びます。
糖分や水分の摂りすぎにもなりますから、注意が必要です。
また、冷たすぎる飲み物も胃腸の負担になりますから、カブ飲みに気をつけてください。

健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい健康料理教室を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...