余命宣告はデータでしかない

台風が近づいていますね。
土砂災害などにあわないよう、万全を期してください。
さらに低気圧の接近で体も不調になりがち・・・この時期は無理をしない、なるべく休む事を心がけてくださいね。
こんにちは。
「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日は余命宣告のお話です。

以前も取り上げた、「医者にはガンは治せない」からです。

帯には「人は誰でも、自分でガンを治す力を持っている」とあります。

帯には「人は誰でも、自分でガンを治す力を持っている」とあります。

余命宣告の基準は?

ガンは種類によって、進行ガンや再発のガンなど、時には治癒するための積極的な治療は行わず、延命治療になることがあります。
そういう状態にある患者さんに、医師は余命宣告をすることがあります。
余命宣告は、医師が経験則や勘で行うのではなく、多くの場合5年生存率の統計データを元に告げられます。
各臓器、進行度ごとに統計データがあるんです。

ちょっと難しい話になりますが、生存期間中央値という判断の基準になるものがあります。
生存期間中央値というのは、その集団の全患者さんが死亡するまでの期間の平均値ではなく、その集団の半数の患者さんが亡くなるまでの期間です。
例えば、余命3年と言われても、それは統計的に50%の確率でしかないのです。

「余命=残りの寿命」ではない

余命1年と言われて人が5年以上生きた・・・なんて話はよく聞きます。
余命宣告通りに無くなる人の数のほうが、実は少ないのです。
では、なぜ余命宣告をするのでしょうか?
お医者様は、本人に告知しない場合でも、ご家族などには100%告知します。
それは、告知をしておかないと、医療訴訟される場合が多いからです。
もし「助かります」と言ってしまうと助からなかったときに、「助かるといっていたのに、助からなかったじゃないか」と言ってくるご家族も多くいるため、なるべく訴訟などに発展するリスクを少なくするために余命宣告をするんですね。

命を諦めないで下さい

余命宣告を受ける事はとてもショックなことです。
でも、余命宣告は不確実なもので、余命は誰にも分からないこと。
余命宣告をされて、自分の命をカウントダウンしてしまう人、治療法を色々と模索する人、残りの命を思う存分生きようとする人・・・。
色々な方がいらっしゃいます。

ご自身の命を諦めないで欲しいのです。

まずは、病気の原因を自分で知ること、自分が体のために出来ることをやってください。
そしてその上で、医師に相談すること。
西洋医学は日進月歩で進化していますから、この先、ガンを根本治癒できる画期的な治療法が誕生しないとも限りません。
命を少しでも先に延ばすこともとても大切なことです。
そして今、西洋医学だけでなく、「総合医療」という西洋医学、東洋医学、代替医療などその方にあった治療を進めてくださるお医者様もいらっしゃいます。


健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

まとめ

もし、余命宣告をされても、決して諦めないで下さい。
あなたに合う治療法が必ずあります。
そして、あなた自身も病気の原因を知って、体のために出来ることを一つずつやってみてください。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...