ビタミンB群で脳を活性化できるんです。

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日も天気が良く、外出には最高の日でした。
食欲の秋ですが、バランスよくたっぷり食べてますか?
20150922
今日は認知症予防のための、ビタミンBのことです。

脳は糖質を好むけど、糖分だけでは逆効果

脳は糖質を好んでエネルギーにします。
でも、お菓子や甘い飲み物から糖質をとって血糖値を急激に上げることは、むしろ脳にとっては悪影響をを及ぼします。
血糖値の乱高下は、血管をもろくしたり、インスリンの正常な働きを邪魔しますから、糖尿病の原因になり、また糖尿病はアルツハイマー型認知症の引き金にもなります。
清涼飲料水やスポーツドリンクなど、甘みのある飲み物をいつも飲んで糖質を過剰に摂る人は、糖質を分解・吸収するためにビタミンB1を消費するので不足し易くなります。

ビタミンBで脳を活性化

脳をフル回転で働かせるためには、ビタミンB群の摂取が大切です。
ホモシスティンというアミノ酸をご存知でしょうか。
普段は血中にあって何も悪さはしないのですが、増えすぎると動脈硬化や脳卒中、アルツハイマー病などを引き起こすとされているんです。
このホモシスティンは、ビタミンB群の不足があるとどうしても増えてしまう物質です。
ですから、ビタミンB群を不足なく食べる事が認知症予防に繋がります。
ビタミンBは、水に溶けやすくて熱に弱く、食べだめができないために不足しやすいと言われています。
意識して食べる事が大切ですね。

ビタミンBを摂るには

ビタミンBを含む食品2
ビタミンB群は、魚介や肉、卵、大豆製品などたんぱく質を多く含む食品に豊富に含まれています。
特に、ホモシスティン濃度を上げないためのビタミンB12は、動物性のたんぱく質にほとんど含まれているのです。
野菜ばかり・穀物ばかりも良くないということが分かります。
大事なのは、やっぱりバランスなんですね。
認知症予防のために、動物性たんぱく質も摂ってください!

 
 

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。
 
メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 
 

まとめ

食欲の秋です。
たんぱく質をたっぷりとって、ビタミンBが不足しないようにしてくださいね。
個人的には、海苔やしらす干し、かつお節、納豆などをたっぷり摂るようにしていますよ。
ビタミンBは、ストレスやアルコール、カフェインなどの過剰摂取によっても減っていくので、心してしっかり食べたいですね。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい健康料理教室を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...