脳梗塞の早期発見方法の「FAST」を知ってください!

こんにちは。 
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

タレントの磯野貴理子さんが脳梗塞で入院したというニュースを見ました。
磯野さんは50歳。
若い人でも突然脳梗塞にかかってしまうのは、決して稀ではないのです。

今日は脳梗塞の早期発見方「FAST」のお話です。

脳梗塞は何が恐いのか

脳梗塞は血管の中で血栓が詰まる病気です。
血栓によって、脳の中の血流がふさがれてしまって、酸素や血液が行かなくなり脳はダメージを受けます。
そのダメージによっては、脳血管性認知症になってしまう場合があるんです。
脳血管性認知症は、脳血管障害で脳がダメージを受けた部位によって症状が微妙に異なります。
めまい、しびれ、言語障害、麻痺、感情失禁(涙もろくなる)、知的能力の低下、判断力の低下などが症状として表われます。
自分の体を自分で動かせなくなる、話す事さえ出来なくなる恐い病気の原因なのです。

脳梗塞は、誰の脳でも起こっている現象です。
大切な家族がある日、突然に襲われる病気、脳梗塞。
でも、治療が早ければ、その後の生活も、普通に過ごせることが出来るんです。
その簡単な見分け方を、今日は紹介させてくださいね。

「FAST」って何?

イギリスで「FAST」というキャンペーンを行ったところ、脳梗塞の早期発見が格段に増えた結果があります。
とっても簡単で覚えやすいので、ぜひ覚えてくださいね。
脳梗塞は、発症時間から短ければ短いほど、治療方法が広がります。
どんな病気もそうですが、脳梗塞の場合は特に1分1秒を争うと考えてください。

FASTのFは、フェイスのF

脳梗塞は顔の麻痺が現れます。
顔の片側が下がる、ゆがむ、「イー」と言えないなどです。
20140208-1

FASTのAは、アームのA

目を閉じて、手のひらを上にして、水平に伸ばします。
脳梗塞の場合は、麻痺が出ている腕が下がり、手のひらが内側に戻ってきます。
20140208-2

FASTのSは、スピーチのS

「らりるれろ」「ぱぴぷぺぽ」などが、うまく言えず、ろれつが回らない話し方になります。

FASTのTは、時間のT

上の3つの症状の1つでも当てはまる場合は、発症した時刻を確認して、すぐに119番へ連絡してください。
時間によって治療内容が変わってくるので、時間を覚えておいて、お医者様に伝えてください。

顔・腕・ろれつ…この3つが、早期発見のポイントです。

脳梗塞の発見は、家族の存在がとても重要になります。
自分は大丈夫、たいした事はないと思っても、顔のゆがみや、些細なサインを、家族は見つけることが出来るのです。
一旦、症状が出ても治まる場合がありますが、大丈夫と思わないで、必ず、必ず受診してくださいね。

 
 

健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

 

まとめ

2年前に亡くなった父は、脳梗塞を発症してから、12時間経ってから病院に行きました。
重度の後遺症で、食べる事も、話すことも、そして大好きなお酒を一滴も飲むことなく、1年間をベッドの上で過ごして亡くなりました。
亡くなって何年もたちますが、今でも、何とかできなかったのかって後悔しています。
本人や同居の家族が、脳梗塞の事をもう少し知っていれば…と。
脳梗塞で体の自由を失い、辛い思いをする人が少しでもなくなることを切に願い、皆さんに広めたいという思いでいっぱいです。
どうかFASTのこと、覚えてくださいね。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...