「愚痴を言わないで、考える」習慣が認知症予防に繋がります!

北海道で雪が降ったというニュースを聞きました~
寒いのが苦手なんです。
こんにちは。 
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日は認知症予防のための習慣の話です。

愚痴は老化によってもたらされますが、 愚痴を言っていることでさらに老化が進みます。 紙に書いて解決できるように考えることが 脳を若々しく保ちます。

愚痴は老化によってもたらされますが、
愚痴を言っていることでさらに老化が進みます。
紙に書いて解決できるように考えることが
脳を若々しく保ちます。

愚痴は脳の老化現象の一つ

「年をとると、愚痴っぽくなる」と言われています。
もちろん人によって愚痴っぽい人と、そうでない人がいますが、年をとると総じて「愚痴っぽい人」が増えるようです。
愚痴っぽくなるのは、実は頭の中にある前頭葉という場所の老化現象です。
あなたは愚痴を言う習慣がないですか?

脳の一部、前頭葉が老化する

脳の中は大きく分けて4つ。
前頭葉、側頭葉、後頭葉、頭頂葉に分けられます。
前頭葉は、意欲や切り替えのスイッチ、創造性、感情のコントロールを担当します。
側頭葉は、言葉の理解を主におこないます。
後頭葉は、目からくる情報を処理します。
頭頂葉は、計算や道順などを処理する場所です。

前頭葉は、人間らしい「知性」を司る部分ですが、4つの中で、早く老化するそうです。

前頭葉が老化して処理できず愚痴になる

やたら愚痴っている人を見たことがありますか?
あの状態は、前頭葉の老化によって問題解決能力が低下して、問題が起こっても解決する手段がなく、また、その状況を受け入れる事もできない・・・
そのジレンマが「愚痴」という形で出てくるんです。

前頭葉の老化を防ぐには

愚痴を言っても、何の問題解決にもなりません。
まずは「愚痴を言わない」ことを習慣にしましょう。
愚痴や文句を言う代わりに「考える」ことをやってみましょう。
考える事で、前頭葉をたくさん働かせれば、前頭葉が鍛えられ問題解決能力もアップします。
問題解決のためには、どうしたらいいのか考え、紙に書いてみること。
小さな不便や問題のたびに、前頭葉を使えば老化を防ぐことが出来ます。
前頭葉をフルに使っている人は、気が若くて見た目も体も若々しくなりますよ。

 

健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

 

まとめ

愚痴を言っても何もならないですし、聞いているほうは面白くないですよね。
自分が言った言葉は、自分を傷つけます。
たとえ誰かの悪口を言ったとしても、自分の気持ちに返ってくるんです。

また「年をとった人は愚痴が増える=愚痴が多い人は年をとるのが早い」ということも言えるのではないでしょうか。
愚痴を言わないで考える、なるべく笑顔で過ごす・・・こんな小さな日常が認知症予防に繋がります。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...