たまには、ぶどうを皮ごと食べてみましょうか?!

こんにちは。 
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

果物が豊富な季節になってきました。
梨、ぶどう、柿、りんご・・・果物が選べる季節って幸せですよね。
先日は ぶどうの種(グレープシードエキス)の話でした。
ぶどうシリーズが続きますが、今日は食べ方の話しです。

今回はブドウの皮のお話です

今回はブドウの皮のお話です

ぶどうの皮に含まれるレスベラトロールが凄い

レスベラトロールというポリフェノールの種類をご存知でしょうか?
アンチエイジングに良いとされる栄養素です。
レスベラトロールは、ぶどうやベリー類の「皮」に多く含まれている成分。

この成分はアルツハイマー病と脳血管型認知症の予防効果そして回復効果が期待できるという報告があります。
レスベラトロールが胃の知覚神経を刺激して、その情報が脳に伝わると海馬を活性化させます。
すると海馬の神経細胞が元気になって記憶力や学習機能が活発になるというのです。

脳のために皮ごと食べてみましょう

ぶどうを美味しく食べることで、脳が活発になるなんてこんな嬉しいことはないですよね。
皮はちょっと消化に悪いですが、しっかり噛んで皮ごとぶどうを何個か食べてみましょう。
出来れば、農薬が使われていないぶどうを選んでくださいね。

その他レスベラトロールの摂りかた

ワインの中でも、皮ごと絞って作られている赤ワイン。
認知症に良いと言われています。
それはこのレスベラトロールを含んでいるからなのです。
時々、赤ワインを楽しむのも良いですね。
その他にも、ベリー類に含まれていますから、イチゴやブルーベリー、ビルベリーなどのジャムも良いですよ。
手作りなら、満点ですね。

 

健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

 

まとめ

季節の果物は、栄養の宝庫です。
ぶどうには認知症予防のためのレスベラトロールが含まれます。
美味しく食べて、認知症予防に役立てましょう。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などを活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...