写真撮ってますか?認知症予防のレクリエーションになるんです。

写真は撮るのも、撮られるのも嫌いでした~
こんにちは。 
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

最近は、写真を撮る回数が増え、やっとピンのあったものが取れるようになってきました~
感性はなくとも、だんだんときれいに撮れるようになるものですね。
最近のカメラが使いやすいおかげもあるかも~

携帯、デジカメ、デジタル一眼・・・ 今はいろんな機械でいろんなところで写真を撮れますね

携帯、デジカメ、デジタル一眼・・・
今はいろんな機械でいろんなところで写真を撮れますね

今日は写真の話です。
写真を撮ることって、年齢を重ねると減ってきませんか?

表現する芸術家はボケる人が少ない

認知症予防には「表現する」行為がとても役に立ちます。
表現するといっても、自分の思いや感情をストレートに表現するのではなく、何らかの方法で表現する・・・それを形として表す課程で脳が強く活性化されます。
よく芸術家にボケる人が少ないと言われるのも、絶えず表現するために考えているからだと言われてます。

写真を撮ってみませんか?

誰でも手軽に表現できる方法として、写真を撮ることがあります。
旅行に行ったときでも、散歩に行ったときでも、きれいな花や珍しい建物、可愛い猫・・・なんでも、コレ面白いとピンときたものを、バンバン写していきましょう。
今のデジカメはとっても小さくて持ち運びに便利、そして編集も簡単です。
どんな構図で撮ろうかな?どれにピントを合わせよう・・・などと考えているうちに脳が活性化します。
そして写した写真を見て、振り返って話をしてみることも脳にはいい刺激です。
物忘れの激しい人に、カメラマン役をやってもらうと記憶の抜け落ちが少なくなるので、写真を進めているお医者様もいらっしゃるようです。
明日から、デジカメを持って、被写体を探しながら散歩をしませんか?

 

健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

 

まとめ

いつもの散歩がカメラを持つことで楽しくなります。
脳も風景を探して、どんな構図にしようかとフル活動です。
これからの季節は、小さな紅葉の変化をカメラに収めるのも楽しいですよね。
散歩をしながら写真をとるという二つの事を同時にやる作業は、認知症予防のレクリエーションに最適。
楽しみながら始めてみませんか?

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...