クリスマスと正月の間の胃もたれを解決する方法!

こんにちは~~~
沖縄好き楽食アドバイザーの名畑です。

クリスマスを過ぎた辺りから、「胃がもたれてる~~」と言う声を頻繁に聞くようになりました。
美味しいもの食べすぎたのかな?(笑)
家族や気心の知れた仲間との食事は、楽しくってついつい食べ過ぎちゃいますよね。

翌日残るのは、楽しかった思い出と重たい胃。
脂っぽいものを食べ過ぎちゃったかな?と反省も、もはや遅そし!ですよね。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか。

20171228

原因は消化が追いつかないことなので、まずは胃を休めるのが一番です。
白湯など温かいものを飲んで、胃をホッとさせてください。

寝不足などしていないですか?
寝不足も実は胃腸の働きを悪くする原因になるので、しっかり寝ることが大切です。

その他にも食べる際には、辛いものや甘いものなどを食べ過ぎないことや、冷たいものを飲みすぎない、消化の良いものをたべる、温かいものを食べるなど大切なポイントはいつかありますが、一番良い方法は「よく噛む」こと。
肉や魚などを飲み込むために噛むのではなく、胃が消化しやすいように「よく噛む」ことです。
とりあえず、飲めるように噛んではいないでしょうか。
噛んでいると、唾液がじわ~っと沢山出ます。

アレがいいんです。
あの唾液には、消化酵素がたっぷり含まれますから、食品添加物や活性酸素を消す力や、消化を助ける力などがあります。
食べ物を見ながら、よく噛んでたべる!これが大切です。

本やテレビ、スマホを見ながらはあまりお勧めしません。
違うことを考えながら食べる食事は、あまり噛まないで飲むことが多いからです。
時間がないから、食べ物をとにかく詰め込んで・・・なんて食べ方は、胃腸に負担をかけますよ。

胃調が重いなぁと思ったら、よく噛んで食べましょう。
噛んで噛んで噛みまくりましょう(笑)

クリスマスからお正月にかけては、特によく噛んで食べて、楽しい年末年始にしてくださいね。

 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...