小さいうちに、色々な食べ物を見せてあげましょう!

こんにちは。
沖縄好き、楽食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
 
 

出張・楽食教室行ってきました~~
今回のお題は「1歳の子供も一緒に楽しく食べられる家庭料理」って長すぎですが、行ってきましたよ。
 
 

間もなく1歳を迎えるYちゃんのご家族です。
3歳のおねえちゃんもYちゃんもお母さんから片時も離れることが出来ない、ママ大好きっこ。
ママ大変だけど、めちゃめちゃ楽しい時期です。
20171023
毎日が驚きの連続ですからね~~
ご飯を食べられるようになったり、一人でお茶を飲めるようになったり、言葉が出てきたり・・・
は~~懐かしいなぁ。
 
 

実は、私は子育てを楽しむことが出来なかったんです。
しっかり子育てしなくちゃ、迷惑を掛けないようにしなくちゃ!と言う思いが強くて、子供は厳しく育てました。
今となれば、もっと楽しめればよかったのになって思うけど、何せ初めての連続だから手を抜いていいところと、手を抜いちゃいけないところの加減がわからず、ず~~~っと何でも一生懸命にやっちゃってました。
途中、子育てが苦しく感じることもあって、若いママたちには子育てをもっと楽しんで欲しいと思って出張・楽食教室をやってます。
 
 

何をどのくらい食べさせたらいいのかって、とっても難しいと思われがちですが、数値ではなく子供を見れば、食事が足りているか不足しているかが分かるんです。
 
 

さて、今回作ったのはこちら。
子供にはあまり食べさせないであろう「ごぼう」それから食べやすい「フィッシュケーキ」「カボチャの煮物」、お母さん向けには「豆と椎茸のマリネ」などを作っていきました。
あとは、柿とママ手作りのホタテの炊き込みご飯です。
20171023-4
 
 

子供に食事を用意する際は、特に好き嫌いが激しい場合、必ず食べられるものを出します。
未就学の場合は、食卓に食べ物があっても食べられない場合、疎外感を感じてしまうからです。
今回は好き嫌いが分からなかったので、ママの手料理を一品作ってもらいました。
食卓には嫌いなものも合せて、まずはのせてみる事も大切じゃないかな~って思います。
食べるように強要するわけではなく、両親がおいしいね~~って食べている姿を見せているだけでいいのです。
子供って見てますからね。
釣られて食べる事もありますし、時が経ってから食べられるようになることもあります。
「この子はこれを食べない、食べられない」って決め付けないほうが良い場合が多いんです。
いろいろな味を食べてみたり、挑戦できない子は見るだけでOKです。
 
 

身体の小さなYちゃん
何でもたくさん食べてくれました。
特にごぼうのスティックはガジガジ、チュパチュパしてずっと片手に持っていてくれました。

ごぼういただきま~すのYちゃん

ごぼういただきま~すのYちゃん


おかげで、ママはたくさん食べられる時間が増えたと大喜び。

 
 

もっとごぼうよこしやがれのYちゃん

もっとごぼうよこしやがれのYちゃん

 
 

私の好きなうなじ(笑)

私の好きなうなじ(笑)

 
 

一人では、いつも同じメニューになりがちです。
お子さんがもっと食べられるものを楽に増やしたいな~~と言う方は、お声をかけて下さいね。
出張、行きますよ。

 
 

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
 

お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい健康料理教室を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...