青パパイヤイリチー(炒め) 脳にいい食べ物レシピ#106

こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

手軽に作れて美味しい「脳にいいレシピ」シリーズです。
今回は、沖縄の野菜、青パパイヤを使ったレシピです。
7月から11月が旬の青パパイヤには、栄養がたっぷり、味も淡白なのに甘みがあっておいしい野菜なんですよ。
くせが無いから、食べたことが無い人でも好きになるんじゃないかしら。

脳にいい食べ物シリーズとしていますが、脳のためにも身体のためにもなるレシピなんですよ。
お、面白い!と思ったら、作ってみてくださいね。

 

青パパイヤイリチー(炒め)2人分

20161109

  • 豚肉150gを塩こうじに30分以上漬けます(塩麹が無い場合は、塩少量でもんでください)
  • 20161107-5

  • にんにく2片はスライス、ニンジン半分は皮をむいて千切り、パパイヤ半分は皮をむいて太目の千切り、生クルミを4-5個ローストして小さく割ります
  • 20191107-6

  • フライパンにオリーブオイルを引いて、にんにくを焼きます
  • 20161109-1

  • 次に、豚肉を焼き、一旦別皿に取り出します
  • 20161109-2

  • 豚肉に火が通ったら、ニンジン、青パパイヤを入れて炒めます
  • 20161109-4

  • 青パパイヤが透明になったら豚肉を戻し、塩コショウで味を整えます
  • 20161109-3

    器に盛って、クルミを振りかけたら出来上がりです
     

    今日ののぞみポイント

    塩こうじの作り方はこちら

    今日のレシピの脳にいいところ

    青パパイヤ
    青パパイヤには「パパイン」と呼ばれる強いタンパク質分解酵素が含まれています。
    胃腸に入った食べ物の消化を助けて、身体の中の脂肪や糖分の代謝を高める効果があります。
    そして極めつけはポリフェノールが赤ワインの7.5倍と、たっぷりあるんです。
    強い抗酸化作用と、血液サラサラ効果があるので、心筋梗塞や、脳梗塞、生活習慣病の予防に効果があります。

    ニンニク
    含まれる「硫化アリル」には、血液が固まりすぎる傾向を抑制し、血栓を防いでくれる作用があります。
    脳梗塞や脳血栓などにならないために、少しずつ料理に加えたい食材です。
    また、ガンやあらゆる病気を遠ざけるのにお勧めの食品でもあります。

    オリーブオイル

    エクストラバージン・オリーブオイルに、オレオカンタールという抗酸化力の強い栄養が入っています。
    アルツハイマー病の脳の炎症を抑え、傷を修復して脳の健康を守りますから、炒め物やサラダなど、毎日の食事に使ってくださいね。

    豚肉
    豚肉には体の疲労回復に役立つビタミンB1がたっぷり含まれます。
    疲れた・・・と感じるときは、体もですが脳も疲れています。
    たっぷり食べて疲れを吹き飛ばしてください。
    ビタミンB1は、脳の神経線維を保って神経伝達をスムーズにしますし、脳の成長に必要なビタミンB2も含まれます。

    健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

    お悩みの方のご相談を受け付けております。
    一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
    お気軽に問い合わせください。

    お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
    私が出ますから、お気軽にお電話ください。

    メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
    お問い合わせはこちらから!

    名畑 のぞみ

    名畑 のぞみ

    山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

    You may also like...