指先をたくさん使って認知症予防を!

こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
 

身体はある程度動かさないと硬くなるので、定期的に動かしていくことって大事ですよね。
脳も同じなんです。
使わないと神経細胞が細くなったり、消滅したりするんですって。
 
でも、脳を使うって何って思うでしょ。
難しい本を読んだり、勉強したり・・・そんなことをしないと駄目かと思いきや、それよりも効果的なことがあるんです。
それは手を使うことです。
陶芸をやったり手芸やものづくり、楽器を演奏したりすることって脳の刺激になるんです。
 
20170822
動物の中でも霊長類は手で物をつかむことが出来ます。
その中でも人間は、手の指を使って細かな道具を作ってきました。
人間の脳は、手を使うことによって進化してきたんです。
手を使えば、手からの信号が多くなり、それを受け取る脳の領域が発達して、脳の神経細胞も強くなり、そうして脳が発達してきました。
 
先ほど言った陶芸やものづくりのほかにも、鶴を折ること、キャベツの千切りを細かくすること、化粧でアイラインを引くこと、おしゃれをすること、洗濯物をキレイにたたむこと、・・・・・家事がそのまま脳の刺激になります。
毎日の事なので、面倒と思うかもしれませんが、やってしまえば達成感が脳に喜びを与えます。
年をとって、日常生活で指先を使う機械が少なくなると、脳の老化が進み易くなります。
指先をたくさんたくさん使って、脳を働かせてあげてください。
嫌々やっていたのでは、脳への刺激が半減してしまうかも知れません。
大切なことは、楽しむことなので、小さな楽しみ見つけながらやりましょ。
今日のキャベツの千切りはうまくいった!とか、アイラインが最高に上手く引けたとか・・・そんな小さな楽しみでOKです。
やり終わった後も、「よくやった!」と自分を褒めてあげてください。
 
昔好きだった手芸や、書道を再開するのも良いですね。
楽しいことやっちゃいましょう!

 

健康のことサプリのこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

You may also like...