豆腐と昆布のみそ漬け 脳にいい食べ物レシピ#88

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

手軽に作れて美味しい「脳にいいレシピ」シリーズです。
今日は、一切火を使わないレシピです。
コレステロールが気になるけれど、栄養もしっかりとりたい!と言う方にお勧めのレシピです。
冷蔵庫で寝かせておくだけなので、ぜひ作ってみてください。

豆腐と昆布のみそ漬け

20160326-1
作り方

  • 豆腐1丁をキッチンペーパーで包み、重石をして水気をしっかり切ります
  • 20160326

  • きり昆布5gは、水で洗い、酒大さじを振りかけ柔らかくしておきます
  • 20160326-2

  • みそ100gと混ぜ合わせます
  • 20160326-3

  • タッパーにキッチンペーパーを引き、みそと昆布を置いてから豆腐をおき、冷蔵庫で3日間寝かせたら出来上がりです
  • 20160326-4

    以上です。

     
    今日ののぞみポイント
    豆腐は木綿で、しっかり水分を抜くことで、みそと昆布の風味が豆腐に美味しくつくので、「しっかり水を抜く」ことをやってください。
    3日置くと、チーズのような風味でおつまみにも、もってこいです!

    今日のレシピの脳にいいところ

    豆腐
    レシチンがたっぷり含まれます。
    脳の情報伝達に関わる神経細胞をつくる大切な物質です。
    レシチンが不足すると認知症になったり、脳の働きが悪くなることもあります。
    レシチンは脳に良いだけでなく、余分な脂肪が血管の内壁や体内に蓄積されるのを防ぎ、動脈硬化や高血圧の原因になる血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きもあります。
    その他にもカルシウムやマグネシウム、たんぱく質など栄養豊富な食材です。
    常備食材として、活用して脳を活性化してくださいね。

    昆布
    ひじきやワカメ、昆布、モズクなどの海藻類は、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどミネラルがたっぷりです。
    健康的な食生活には欠かせない食材ですよね。
    体の細胞のミネラルバランスを改善して血圧を正常化しますし、血流の改善にも効果的です。
    何より鉄分豊富なところが見逃せないポイント。
    貧血を防いでくれますから、脳にたくさんの栄養と酸素を送る血を作ってくれます。

    みそ
    味噌には脳の神経細胞の素材となるレシチンがたっぷり。
    大豆由来の健康成分の力で、動脈硬化や認知症の予防になります。
     

     

    健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

    お悩みの方のご相談を受け付けております。
    一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
    お気軽に問い合わせください。
     
    お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
    私が出ますから、お気軽にお電話ください。

    メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
    お問い合わせはこちらから!
     
     

     

    まとめ

    ちょっと地味な料理ですが、脳の栄養にはぴったりで、簡単な料理です。
    塩分が少しあるので、食べ過ぎに中止してくださいね。

    名畑 のぞみ

    名畑 のぞみ

    山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

    You may also like...