簡単2種類の冷やっこ 脳にいい食べ物レシピ#60

こんにちは。 
無添加サプリ通販「サプリ缶」店長&沖縄好き健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

手軽に作れて美味しい脳にいいレシピシリーズです。
今日は暑い日にお勧めの冷やっこです。
「超簡単なのないの?」の声にお答えしてアップします♪
今回も簡単で脳が喜びます。

アボカドやっこ

20150504-1

作り方です

  • 冷やっこの上に、乱切りのアボカドを載せ、わさび醬油を適量たらす
  • 以上です(笑)

    そしてもう一つ。

    キムチやっこ

    20150504-2
    作り方です

  • 冷やっこの上に、白菜キムチ、海苔、ごま油をたらし、ゴマをふりかける
  • 今日ののぞみポイント
    冷たいものはどうも・・・という方は、豆腐を少し温めてみてくださいね。
    胃腸にも脳にもやさしいおかずになりますよ!

    今日のレシピの脳にいいところ

    大豆製品(豆腐)
    大豆にはレシチンがたっぷり含まれます。
    脳の情報伝達に関わる神経細胞をつくる大切な物質です。
    レシチンが不足すると認知症になったり、脳の働きが悪くなることもあります。
    レシチンは脳に良いだけでなく、余分な脂肪が血管の内壁や体内に蓄積されるのを防ぎ、動脈硬化や高血圧の原因になる血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きもあります。
    生活の中で、上手に活用したい食材です。

    海苔
    脳内の伝達情報物質を作ったり、気分を落ち着かせたり、脳の成長のためには、ビタミン類が欠かせません。
    海苔には、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンKが多く含まれています。
    海苔1枚は約3g。
    ビタミンB12とビタミンKは海苔1枚で1日の摂取量を満たしてしまうほど。
    その他にビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンE・ナイアシンも含まれています。
    海苔の栄養って、こうしてみると凄いですよね。
    おにぎりだけじゃなく、海苔を普段から食べると脳は喜びます。

    アボカド
    生活習慣病や認知症予防のために体内のカリウムとナトリウムが一定であることが大事です。
    塩分の多い現代の食事で、カリウムが豊富に含まれるアボカドをプラスすることでバランスが保たれます。
    神経伝達を正常に保つ働きもありますから、アボカドを上手に使って脳に栄養を与えてください。

     
     

    食べ物のこと、健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

    お悩みの方のご相談を受け付けております。
    一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
    お気軽に問い合わせください。
     
    お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
    私が出ますから、お気軽にお電話ください。

    メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
    お問い合わせはこちらから!
     

     

    まとめ

    だんだんと暑くなってきました。
    どうしても食欲が減退気味になりますが、食べないでいると脳が栄養不足になりますし、胃腸も働かなくなります。
    食べられるものをしっかり食べてくださいね。

    名畑 のぞみ

    名畑 のぞみ

    山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

    You may also like...