ねばネバねば和え 脳にいい食べ物レシピ#41

ネバネバに含まれる成分のムチンが老化を防ぎますよ~。
毎日食べていますか?
「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

だんだんと暑くなって、さっぱりしたものが恋しい季節になりましたね。
でも、この時期はまだまだ栄養をたっぷり摂らないとダメですよ~。
栄養面でも夏に向けてスタミナをつけないといけないですが
食べないことが習慣になると、胃も腸も働かなくなって
不思議とお腹が空かないので、またまた食べないという悪循環に。
そして、脳にも栄養が行かない状態になってしまいます。
特に食の細い人は、悪循環に陥りやすいようです。

夏を元気に過ごすために、今からの準備が大切。
しっかりと食事をしてくださいね。
でも、こってりはちょっと・・・と思う方にお勧めのレシピです。

ねばネバねば和え!

納豆、山芋、オクラの3つのネバネバ食材を使いました。
作り方です。

  • 山芋の皮をむき、1センチ角に切る
  • 20140521-1

  • オクラは塩茹でして、輪切りにする
  • 20140521-2

  • ねった納豆と山芋、オクラを合わせて、ひたすら混ぜる
  • 20140521-3

以上です。
お醤油はお好みで調節してくださいね。
ミネラルたっぷりの焼き海苔を添えてみましたよ。

20140521-4

今日ののぞみポイント
薄味にして食前に食べると、血糖値が上がりにくくなるのでお勧めです。

今日のレシピの脳にいいところ

納豆
血栓を溶かす、ナットウキナーゼと言う成分が豊富です。
また、レシチンと言う栄養成分もたっぷり含まれます。
脳は30%がレシチンで構成されて、脳の情報伝達に関わる神経細胞を作り、
情報伝達をスムーズに行う大切な物質なんです。
レシチンは大豆、ゴマ、卵黄に豊富に含まれいて、最も効率的に摂れるのは、納豆や豆腐などの大豆食品。
脳梗塞を防いで、脳血管障害による認知症のために、中高年からは、特にしっかり食べて欲しい食材です。

山芋&オクラ
オクラには、ネバネバのムチンのほかに水溶性の食物繊維が含まれます。
胃腸の調子を整えて便通をよくしたり、血圧を下げる、糖質やコレステロールの吸収を遅らせる作用があります。
動脈硬化や糖尿病を防いで、認知症予防にもつながります。

 

健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!

 

まとめ

ネバネバの正体はムチンとよばれる粘性物質です。
これは体内に入ると糖質と絡み合って吸収を遅らせますから、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。
認知症予防には、血糖値を急に上げないことが鉄則ですから、予防のために毎日でも食べて欲しいですね。
そして何と言っても、レシチン。
脳の働きを良くしてくれますから、毎日食べたいですよね。これからの季節は、豆腐も大活躍させてくださいね。
脳は、栄養を欲しがっています。
脳に栄養が行かないと脳の働きも悪くなり、物忘れなどが起こってきます。
脳に栄養をいつも与えてくださいね!

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...