レビー小体型認知症って、何?

「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

アルツハイマー病、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症とともに、「四大認知症」の一つとされるのがレビー小体型認知症です。脳の神経細胞にレビー小体という異常なたんぱく質が蓄積して起こるとされ、症状の特徴は、パーキンソン病のように手足がふるえたり、動作がゆったりになるなどの筋肉の効果が見られること。そして幻視を抱きやすいことが特徴です。

<脳も部位によって、いろいろ呼び方があります>

<脳も部位によって、いろいろ呼び方があります>

原因は何でしょうか?

レビー小体型認知症の原因は、脳にレビー小体という異常なたんぱく質が、大脳皮質までたまって、脳の細胞が損傷を受けて、脳が委縮してしまうことが原因とされています。なぜ、こんな異常なたんぱく質が脳にたまるのかは、まだ解明されていないのが現状です。
現在、レビー小体型認知症の方は60万人以上で、認知症を伴うパーキンソン病といわれる患者さんは、実はレビー小体型認知症だということが最近わかってきました。世界中で、今このレビー小体認知症の原因について研究をしている段階です。

どんな症状になりますか?

認知症というと「物忘れ」を思い浮かべる方が多いですが、レビー小体型認知症の場合、初期には「もの忘れ」は目立たず、幻視や手先や足が震える、軽いうつ状態から始まるといわれています。画像診断から脳の萎縮はあまり見られないために、うつ病と診断されるケースもあるようです。
特徴的なのは、症状が毎日違うということです。頭がはっきりしている状態とボーっとしている状態の入れ替わりが激しくみられます。睡眠時に無呼吸がみられて、睡眠時間をたっぷりとっても、日中に2時間以上寝てしまったり、急な意識障害のために、歩行中に突然失神して転倒してしまうこともあります。
睡眠中に大声をだしたり、動き回ったりするという症状もあります。
体に見られる症状は、小刻みに歩いたり、急に汗が出たり、微熱が続いたり、起立性低血圧がおきて、起きるのに時間がかかったりします。

心配な方のためのチェックリスト!

小阪先生のチェックリストをご覧ください。次の症状のうち2つ以上に当てはまる人は、レビー小体型認知症の可能性があるそうです。

  • 実際にはないものが見える幻視症状
  • 例えば、 子供が家の中で遊んでいる。 家の中に黒い服を着た人がいてこちらを眺めている。床に小さな虫がたくさん這っている、などと訴えます。

  • 日によってまたは1日の中でも時間帯によって記憶力や注意力、集中力が変動する症状
  • 頭がかなりはっきりしているときと、ボーっとしているときがある。昨日は会話が通じなかったのに、今日は調子がいい。先ほどまで出来たことが、今はできない、などといった変化です。

  • 手先の作業が不器用になる、動きが鈍くなる、歩きにくくなるなどのパーキンソン症状
  • 姿勢を保つのが難しくなり、転びやすい。動作が極端に遅くなる。小刻みに歩行や前傾姿勢となる、など。

    メディカルケアコート・クリニック 院長 
    小阪憲司先生 (横浜市立大学名誉教授)
    (healthクリニック・「レビー小体型認知症ライブラリ」から)

    家族はどうしたらいいのでしょうか

    大きな特徴の幻視症状に、「そんなのないです」と頭ごなしに否定するのでなく、本人を安心させてあげてください。誰よりもご本人自身が辛いのですから。
    パーキンソン症状で足取りが悪くなりますので、床などに物をおいたりせず、段差などにも気をつけて転倒防止に気をつけてください。
    レビー小体型認知症は、その人によっていろいろな症状があらわれる病気ですので、その対応が大変です。一人で悩まず、専門医に相談したり、全国に家族の会があるので、たくさんの情報を集めて、介護する人もご本人にも、より良い方法を見つけることをお勧めします。

    健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

    お悩みの方のご相談を受け付けております。
    一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
    お気軽に問い合わせください。
     
    お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
    私が出ますから、お気軽にお電話ください。

    メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
    お問い合わせはこちらから!

    まとめ

    原因もまだまだわかっていないレビー小体型認知症。
    かかってしまうと、家族も本人もとっても辛い思いをします。
    私たちに出来る事は、脳にいい生活習慣をすることです。生活習慣で、体に支障をきたしたり病気になるのと同じように、脳も大きな影響を受けています。今のあなたは脳に栄養を与えて、やさしい生活をしていますか?ずっと、あなたのパートナーである脳にしっかりと働いてもらうために、悪くなる前に栄養を与えてくださいね。
    「予防に勝る治療薬はなし」です。

    名畑 のぞみ

    名畑 のぞみ

    山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

    You may also like...