手作り味噌はいつから食べられるの?

こんにちは。
沖縄好き楽食アドバイザーの名畑です。
 
 

今日は味噌作りに参加する予定の方から質問をいただきましたよ。
お味噌って作ってからどのくらいで食べられるの?ということです。

IMG_0627
2017年12月にジップロックで仕込んだ味噌です。
毎日美味しくなれ~とモミモミしています。

 
 

質問をくださったTさんは、ブラジルで産まれた日本人です。
ご両親が沖縄からブラジルに行って、開拓して働き、そこで生まれた方なんですが、
びっくりすることに、お母様は材料を必死で手に入れて、ブラジルでお味噌を手作りしていたそうです。
そのときのお味噌が美味しかった思い出があります。
遠い異国の地でも手作りの味噌を作られていたことを伺って、感動してしまいました。
 
 

お母様から手作りの味噌の作り方をを聞かずに日本に来て20年余りで、改めて味噌を作りたい!と考え始めたとおっしゃってました。
味噌作りを聞いて、ブラジルにいる妹さんに作り方を教えたいとも考えています。

そんな方々のお役に立てるって、光栄なことないな~~と改めて思いました。
 
 

「話しがそれましたが、味噌はいつから食べられるのか?」と言うと、一般的には作ってから6ヵ月後です。
でもですね。
大豆はしっかり煮て柔らかいものを使います←いつでも食べられる状態。
塩←これもいつでも食べられる状態。
麹←柔らかくなったら食べられる。
つまり、いつでも食べられるんです。
問題は味で、熟成によって変わってきます。
暖かい部屋で熟成していたもの、冷たい部屋で熟成したものでも違いますし、時々手をかけて声をかけて熟成したもの、放置した状態で熟成を待つもの・・・・いろいろなパターンがあるので、一概にこれ!とは言えないのが味噌です。
仕込んだ時期が夏のもの、冬のものによっても変わりますからね。
言えることは、好みの味になった頃が食べごろです。
 
 

大きな樽で沢山仕込んだものは、熟成を待つしかないですし、ジップロックのように少量を作って、揉んだり場所を変えたりするものは熟成を早めることが出来ます。
 
 

実は、1ヶ月しか熟成していないものを食べてみました。
IMG_0836
思った以上に美味しくって、驚きました。
あとは糀のつぶつぶが少しなくなれば私好みになるかな~~と楽しみにしています。
実は、同じ大豆、同じ塩、同じ糀で一緒に作った友達の味噌と食べ比べてみたら、味が違ってビックリしたんですよ。
お味噌は、「育てる」という言葉がピッタリ合います。
そして一番美味しいなぁと感じる味噌を、冷蔵庫に入れて熟成を止めれば、いつでも美味しい味噌食べられるというわけです。
 
 

今年の夏は、もろキュウとか楽しみだな~~~

味噌を手作りしちゃいましょう!
手作りすれば、美味しい大豆と好みの塩、好みの糀であなた好みが完成します。
 
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...