カサカサ肌が気になる季節にはこれを食べよう!

こんにちは。
沖縄好き、楽食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
 
 

乾燥がとてもきになる季節になりましたね。
電車の中で、ふと見渡すと、肩や腕を何気なく掻いている人を見かけます!
きっと痒いんでしょうね。
あ、私も乾燥肌なので、この時期はケアしないとやばいくらいカユカユになります。
顔は普段からお手入れしているから何とかなるものの、背中や二の腕、かかとや弁慶の泣き所などいつの間にか乾燥が進んで、痒くって眠れない!何てこともあります。

 
 

今日は肌のカサカサが気になる人のための簡単なメニューを紹介します。
 
 

まずはどうしてカサカサになるのか?
 
 
ずばり、肌を再生する材料が不足しているからです。
 
 

肌のバリア機能を高めるために、ビタミンAが皮膚の粘膜や上皮組織に働いて、新しい細胞を生み出す力の素になっています。
ビタミンAが不足すると、肌はかさついて潤いを失い、傷つきやすくなります。
 
 

そのビタミンAは2種類あります。
ひとつは緑黄色野菜に含まれるβカロテン、もう一つは動物性食品に含まれるレチノールというもの。
βカロテンは、モロヘイヤや人参、パセリ、バジルなどを筆頭に、色々なお野菜に含まれます。
レチノールは、化粧品などに配合されるもので、ビタミンAの別名です。
美肌食品として食べれば、内側からキレイになるというわけです。
鶏のレバーやウナギ、ホタルイカなどに多く含まれます。
 
 

ビタミンAの他に欠かせないのが亜鉛です。
亜鉛は現代人が不足しがちな栄養素だから、意識してとってもらいたい栄養です。
亜鉛は細胞が新しくなる時に、ビタミンCといっしょにコラーゲンの生成を助けるという大切な働きをしているんです。
牡蠣や煮干、スルメ、高野豆腐、豚の肩ロース、海苔、鶏レバーやホタテなどに沢山含まれます。
 
 

「ビタミンA」+「亜鉛」+肌の直接材料となる「たんぱく質」=肌の新陳代謝が活発になるのです。
 
 

そのために簡単な料理を紹介しますね。
20150227
だし汁でお味噌汁を作って、その中に卵と焼き海苔、最後にネギを浮かすだけの代物。
簡単に出来そうでしょ!!
 
 
海苔にはビタミンAもBも、そして亜鉛も豊富にそろっているんです。
スーパー食材ですよね。
冷蔵庫や棚の中に眠ってないですか?
乾燥の季節にこそ使わないともったいないですよ。
 
 

これを普段の食事にプラスして欲しいのです。
 
 

明日から、いや今日から出来そうなメニューです。
 
 

毎日、肌の材料となるものをしっかり食べて、積み重ねて、肌のカサカサとさよならしましょうね。
外側からケアするのもいいけれど、食べ物で内側からもケアしましょう。

 
 

加齢と一言で言ってしまえば元も子もないですが、年齢を経てもキレイな方は沢山いらっしゃいます。
だから仕方がない!って諦めるのはもったいないです。
でも面倒だと続かないから、簡単な方法でケアできたら嬉しいですよね。
 
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい健康料理教室を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...