世界は元気にしてくれる食べ物であふれている!!

こんにちは。
好き、楽食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

 
昨日は同じマンションに住む沖縄出身のおばぁの所に行ってきました。
いつもいつも手作りのものをお土産にいただくのですが、今回はコレ!
何か分かりますか。
20170906
黒いつぶつぶですけどね。

 
 
 
 

答えは石榴(ざくろ)です。
石榴をウィスキーと黒糖に漬けて、実だけ残しておいて、少しずつ食べるんだそうです。

そんな石榴を少しずつ食べているおばぁは肌がきれいでしみが無く、とてもとても86歳とは思えない肌艶をしているんです。
 
 

ちょっと試しに食べてみると、石榴の酸っぱさが消えて、ほんのり甘くて、なんと種まで食べられるんです。
昔から石榴は女性に良いとされ、いつも食べていれば更年期障害が出なくてすむという話しがあります。
特に、種の部分に効き目がある成分が多いとされるので、この食べ方は理に適った食べ方なんですよね。
 
 

でも、今こんな風に食べる人は少なくなっているって思います。
薬が無かったからこうしているんじゃなく、食べ物の効果がわかって、昔から伝えられてきた食べ方を繫ぎ、実際に元気に過ごしていらっしゃるんです。
世代を超えた伝承は、素晴らしいものが多く、受け継ぎたい習慣です。
古くさいと言われようが、素晴らしい物は素晴らしい!それだけなのです。
 
 

私たちの周りには、身体を元気にしてくれる植物がたくさんあります。
例えば、秋の今は乾燥から来る咳で悩む人が多くなります。
それを癒してくれるのは、白い食べ物。
秋には白い食べ物が多くなりますよね。
大根、レンコン、里芋、百合根・・・・肺の働きを補ったり、血を補うことで体を潤し呼吸器系のトラブルや、秋の乾燥が招く便秘や肌のかさつきの解消に役立ちます。
ね。
私たちの周りには元気にしてくれる食べ物があふれています。
 
 

新鮮な旬の野菜をもっと食べましょうね。
簡単料理、また見つけなくちゃ!!

 
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...