知れば知るほど深い!横浜鶴見の食文化!

こんにちは。
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

鶴見って、どんなイメージですか?
横浜市の一番東京側にあって、東京へのアクセスがいい場所です。
鶴見に住む多くの人達は、東京に仕事をしに行っている人が多くて「横浜都民」なんて言葉もあるんです。
 
 
そして鶴見には外国国籍の人が多く住み、2016年現在11,000人ほどの方々が暮らしています。
結構多いですよね。
街中を歩くと、英語、ポルトガル語、スペイン語、韓国語、中国語が入り混じって聞こえることがあります。
それだけ家族単位や、コミュニティ単位で一緒に暮す人が多いんですよね。
 
 
鶴見には、リトル沖縄と呼ばれるところがあるのはご存知でしょうか。
沖縄から来た人達がたくさんいるというイメージかもしれませんが、
沖縄→ブラジルやボリビアへ移民→鶴見という人も結構いるんです。
だからかな。
沖縄のお店もあるんですが、ブラジルや中南米のお店も多く見られるんですよ。
 
20160904-2 (1)
手軽な南米料理をたくさん作ってくれるエルボスケさん
 
 

20160904
ガッツリ肉を食べたい時はこちら
 
 
20160904-3
沖縄出身の方の、調達はこちらの物産センター
私もお世話になってます!
 
 

鶴見では日本食のお店はもちろんのこと、沖縄料理のお店、ブラジル料理などいろんな食べ物を食べる事ができます。
もちろん家庭料理にも影響していて、鶴見の人はいろんな料理を楽しんでいます。
 

今日は、友達に教えてもらったポンデケージョ(モチモチのチーズパン)を食べたくなって、白玉粉で作ってみました。
白玉粉で作ったので、パンと言うよりはやっぱりもち(笑)
20160904-4

 
 
外国の食べ物から、日本風にアレンジして作って食べる事も面白いです。
ずっと伝わってきた伝統と、新しい食の文化でもっともっと楽しくて美味しいものが出来そう。

今度鶴見の異文化を楽しんでみませんか?

今日もお読みいただきありがとうございます。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などを活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...