ごはんの一番美味しい炊き方

こんにちは。 
沖縄好き、元気食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日は、お米の話です。
私ね、お米が大好きなんです♪

お米を炊くとき、「水」を気にしてますか?
水って、凄く大事なんですよ~。

実家・山形県庄内地方の稲干し風景です

実家・山形県庄内地方の稲干し風景です

お米と水の相性のことを気がついたのは20年ほど前。
実家、山形の庄内から「庄内米」を送ってもらってました。
美味しいお米を食べさせたいという母の気持ちが時々届き、横浜でも「庄内米」をありがたく食べてました。

ある夏、お盆で帰省し、実家でご飯を食べてたらお米の味が違うんです。
横浜で食べているものより、数段ランクが上の感じで、とても美味しいんです。
母に「お米変えた?」と聞くと「お前のところに送っているのと同じものだよ」という答え。

同じお米なのに、こんなに味が違うんだって凄い衝撃を受けました。

お米も同じで炊飯器も同じもの・・・
なのにこんなに味が違うのは何故かって考えました。
ご飯をたくときに使うのは、後は水しかないですよね。
そうです、違うのは水なんですよ。
私が使っているのは、大型浄水器の水。
水道水も添加されているものが気になるのでね。
田舎で使っているのは、地下水。
自然の水を引いて使っているんです。

お米は、山から流れてきたミネラルたっぷりの水で育ちます。
その水でお米を炊くと、とても美味しいんです。
旅先で、ご飯が美味しいって感じますよね。
あれは、育てた水と育った米の相性で良い味を出しているんです。
地元で取れたお米を地元の水で炊くって、住んでいる人にとっては普通のことですが、自然の少ないところに住む私達から見ると、贅沢で羨ましい限りです。

2年前に亡くなった父が、口癖のように言っていたのは
「寒いし不便だけど、美味しいものが食べれるここ(庄内)からは離れられない」。

美味しいって、感じることは幸せな事って改めて思います。
新米の季節ですね。
美味しい新米をもっと美味しく食べるために、お水を気にしてみませんか?

 

健康のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...