お盆を過ぎたら、食べ物を変えて、秋も元気に過ごしましょう。

沖縄好き、発酵食品コーディネーターの名畑(@NozomiNabata)です。

昨日は「最近抜け毛が多くて。。。。」と相談されました。そう言えば、お盆はとっくに過ぎたんですよね。
抜け毛って、この時期は夏ばての症状でもあるんです。

日中は暑いですが、朝晩は一時期と比べると風がさわやかに感じる季節になりました。
今年の夏は、やはり短いのかもしれません。

そんな短い夏でも体はダメージを受けていますよ。
例えば、髪の毛が普段より多く抜けるようになってきたり、風邪症状が強く出たり、お腹がゆるかったりすっきりしなかったりと色々なサインを体は出しています。
それは、季節より遥か前に体が秋に移行し始めている証拠です。

ここでこのサインを見逃してしまうと、夏ばてから秋ばて、何をしても疲れてしまうことになります。

元気で秋を過ごすためには、食事をほんの少し変えてみましょう。

 

例えばNGなのは、夏野菜を生のまま食べたり冷たいものを飲むことです。ほんの少し控えて、煮込んだ料理などを増やしていきましょう。
体の中に余分な水分が溜まっていると、体が急激に冷えてしまい、風邪を引きやすく体調を悪くする原因になります。
そして夏に冷たいものばかり、そして夏野菜ばかり食べていると、9月には行ってからどっとしわ寄せが来て、抜け毛が増えたり疲れやすくなるものです。

少しでも胃腸が変だな!と思ったら、少食にしながら体を温めるものを良く噛んで食べましょう。

レンコンやごぼう、栗やそば、サツマイモやサトイモなどの秋に取れる食べ物には、体をゆっくり温めてくれる働きがありますので、今のこの時期の体を元気にするためにぴったりの食べ物です。

具沢山にすれば、色んな栄養が摂れて便利です。

具沢山にすれば、色んな栄養が摂れて便利です。

根菜類を使った煮物や味噌汁などもこの時期にお勧めの食べ物です。

お盆を過ぎたら、体は秋に向かっています。
体を温める食べ物に切り替えて、じっくり煮込んだものを増やして体の不調を整えていきましょう。

季節の食べ物には、体を元気にしてくれる栄養がたっぷりですよ。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...