紫外線が目の中までねらってる?

紫外線が、ジリジリしてる・・・そんな季節です。
今日も関東地方は暑い1日でした♪
こんにちは。
「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日は目のお話です。

紫外線が原因で目に斑点・・・

先日、60歳~70歳の人が集まる、仲良しのサークルに参加させてもらいました。
家族の病気のことや悩んでること、いろんなことを話し合う素敵なサークルです。
そこで、何人かの人が同じ症状をお話してました。
「目の中に白い斑点が出来て、見えにくくなった」そうなんです。
白内障とは違いますが、お医者様に診ていただいて、どうやら紫外線が原因なんですって。

似合わないのは自覚しつつ、 目を守るためにUVカットのサングラスをかけてます。 自分を自分で撮るのがヘタでごめんなさい!

似合わないのは自覚しつつ、
目を守るためにUVカットのサングラスをかけてます。
自分を自分で撮るのがヘタでごめんなさい!

帽子や日傘だけじゃだめなの?

日差しの強いときに外出をして出来たようです。
でも皆さん帽子や日傘は必ず持っていたと言っていました。
帽子や日傘だけでは、目は守れないんですね。
というのも紫外線は上から来るだけではありません。
アスファルトから反射して下からもやってきます。
そこでお勧めしたいのが「紫外線カットのサングラス」です。

サングラスは黒ければいいの?

いえいえ、実は色は関係ありません。
メガネ屋さんに紫外線カットの機能があるかどうか、必ず聞いて購入してください。
目の中の瞳孔という場所をご存知でしょうか?
この瞳孔は目の中心にある光を通す領域です。
暗いところでは、瞳孔が開き、より多くの光を取り込むように出来ています。
つまり黒いだけのサングラスだと、目の瞳孔が開いてしまい紫外線が入りやすくなり、反対に目を痛めてしまうのです。

大切なあなたの目を守るために

紫外線で目の中に斑点ができると、見えにくくなり日常生活も大変になります。
帽子やサングラスなんてなくても、毎年ちゃんと過ごせてるし・・・なんて、紫外線を侮ってはいけません。
紫外線はどんどん強くなってきているのです。
長時間、強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があります。
病気になって目が見えなくなってからでは、大変なことになります。
日中に外出する人は、目を守るためにぜひサングラスをしてください。
この年でサングラスなんて・・・と思わず、あなたの大切な目を守るために、
帽子+サングラスまたは日傘+サングラスを夏の定番にしましょう。

 

健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

 

まとめ

テレビを見たり、小説を読んだり、新聞を読んだり・・・私たちは常に目を使います。
その目が、見えなくなってしまったら何も出来なくなってしまいます。
目って、本当に大切ですよね。
その目をいたわるために、夏場の日中の外出時は「紫外線カットのサングラス」をすること、
そして目にいいアントシアニンを含む食べ物(紫色のもの)を積極的に食べて過ごしましょう。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...