ガンを予防するための「湯治」という楽しみ

暑い時期に「湯治」の話~?、なんてびっくりでしょうか。
冷えは病気の元です。
この暑い時期、実はけっこう身体が冷えているのをご存知でしたか?
こんにちは。
「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

今日は、湯治を楽しんでガンを予防する話です。

細胞は熱の刺激でもっと元気な細胞に生まれ変わる

私達の体は、約60兆という数の細胞で作られています。そのほとんどがタンパク質です。
細胞に高熱を加えると、細胞内のタンパク質は損傷を受けますが、それと同時にヒート・ショック・プロテインというタンパク質が生まれます。
このタンパク質は、損傷を受けたタンパク質を元通りに修復する働きがあります。
つまり高温という刺激を受けると、細胞はその分ダメージを受けますが、そのダメージを修復するための成分も生み出すのです。
更に綿密に調べると、体温より丁度2度くらい高いところで活発に合成されることが解明されています。
コレって凄い発見と思いきや、昔から伝えられていたことでもあるんです。

湯治をご存知ですか?

日本には昔から湯治という習慣がありました。
ヒート・ショック・プロテインなんて言葉が生まれる遥か前から、あった風習です。
もう40年も前の話ですが、私の父も骨折治療後の痛みを和らげるため、1ヶ月以上も湯治に行っていました。
昔の湯治場は、今の温泉旅館やホテルと違って、大部屋に知らない人同士が泊まって、温泉に入っては将棋をしたり、温泉に入って昼寝をしたりと大勢でゆったり過ごしていたのを記憶しています。
私が行った旅館がたまたま、そうだったのかもしれませんが・・・。
温めると痛みが取れて、体の調子が良くなるって、みんなが知っていたんですね。
今はどこの家庭もお風呂があるのが普通なので、体を温めるだけならお風呂でも代用できますが、天然風呂の成分やマイナスイオン効果などは温泉にはかないません。

こんな風に木々に囲まれた露天風呂なら、 湯治と森林浴を兼ねてリフレッシュまちがいなしですよね

こんな風に木々に囲まれた露天風呂なら、
湯治と森林浴を兼ねてリフレッシュまちがいなしですよね

ちょっとお腹辺りを触ってみてください。
「少し冷たい」と感じるようなら、あなたの体は冷えています。
冷えているのは、あまりよくない事です。
なるべく体を温めてくださいね。
この夏以降、体調を良くする為に「湯治に出かける」という楽しみを考えてはいかがですか?

 

健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

まとめ

日本の恵まれた自然環境の1つである「温泉」を、病気になる前の普段から活用することも病気になる人も少なくなるんじゃないでしょうか。
温泉で体を温めることで、ストレスを軽減したり、免疫力を高めたりすることが一番大事で、病気になってから温泉を利用するのではなく、病気にならないよう普段から温泉を定期的に利用するって良いことですよね。

あっ温泉業界の回し者ではありませんよ(笑)

日本に古くからある「湯治」を見直しませんか?

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...