顔全体で思いっきり笑うことも認知症予防です

こんにちは。
いくつになっても「箸が転がってもおかしい年」の「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

私ね、笑いや面白いことに人一倍敏感で、いるも思いっきり笑っちゃうんです。
そのせいでしょうか・・・笑いシワはめちゃくちゃ多い(涙)

今日は、笑いと認知症の関係についてです。

こんな笑顔が、いつも自然とできるといいですね。 画像はHPでもお世話になっているポカポカ色さんから頂きました。

こんな笑顔が、いつも自然とできるといいですね。
画像はHPでもお世話になっているポカポカ色さんから頂きました。

笑うことは脳を活性化する

笑いは脳の働きを高めると同時に、リラックス効果をもたらします。
笑うと楽しい気分になるので、笑いは脳にいい影響を与えていることが分かりますよね。
大笑いをしている人の大脳を観察した実験がありました。
その結果では、前頭葉がとても活性化していたそうです。
前頭葉は、思考や創造性を担う脳の最高中枢と考えられています。
生きていくための意欲や、記憶などをつかさどっています。
脳全体の司令塔、あるいはオーケストラの指揮者にたとえられます。

活性化した理由は

笑うと腹式呼吸になること、表情筋が大きく動くこと、の二つの理由が考えられます。

腹式呼吸になると

通常より多くの酸素を体の中に取り入れますから、当然脳にもたくさんの酸素が届きます。
そして横隔膜が上下に動くことで、体内の血流が促進されて、脳内の血流も良くなり、横隔膜の動きが脳の神経を刺激して、神経伝達物質のセロトニンの分泌を促す効果もあります。

表情筋が大きく動くと

顔の表情筋を動かすことで、脳の広い領域を刺激して、特に前頭葉を刺激します。
笑うことだけでセロトニンの分泌が促されます。
人の表情ってそれぞれ違いますよね。
複雑な動きを要求される顔の表情筋は、脳の広い分野と繋がっています。
笑うこと、作り笑いをすること・・・これだけでも脳は刺激されます。

笑うことが免疫力を上げるというのは、既に有名な話ですね。
体のためだけでなく、脳の刺激にもなる「笑うこと」・・・生活の中に取り入れてみるのはいかがですか?

 

健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 

 

まとめ

毎日嫌なことを見て愚痴るよりは、楽しいことを見つけて思いっきり笑いましょう。
今日は楽しいことがいくつありましたか?
その日の楽しいことを思い出すこと、そしてもう一度笑うことも、脳のいい刺激になります。
毎日笑顔で過ごすことが認知症予防です。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...