チンゲン菜を食べて、もっと元気力をアップしよう!

こんにちは。 
沖縄好き楽食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。
今回は以前書いた記事のリライトです。
 
 

旬のお野菜には、栄養がたくさん含まれます。
そしてチンゲン菜は四季を問わず手に入れることが出来ますが、ビタミンCや抗酸化力など春に比べると2倍以上もたくさん含むのが今の時期です。
20151106
 
 

チンゲン菜あれこれ

中華料理の食材でよく見かけるのがチンゲン菜ですよね。
チンゲン菜は1970年代に日本に定着した中国野菜の一つです。
食感や味が白菜に似た感じで受け入れられ人気になったと言われています。
炒め物にもこれからの季節の鍋物にも重宝する野菜ですよね。
 
 

チンゲン菜の何がいいの?

水分量が多くて、あまり栄養価が無いように見えますが、実はカルシウムや鉄、カリウム、ビタミンC、E、βカロテンなどの栄養素が豊富で、抗酸化力の高い緑黄色野菜です。
栄養素がたくさん含まれるため、その相乗効果で免疫力が高められ、これからの季節の風邪予防にはぴったりです。
その他にも骨や歯を丈夫に保つカルシウムが豊富なので骨粗しょう症にも役立ちます。
小さなお子さんから、お年寄りまで、重宝する野菜の一つです。
20151106-1
 
 

アクがほとんどないので、下茹でしなくてもすぐに炒めて調理できるので使いやすいですよね。
最近では、手のひらにのるサイズのミニチンゲン菜も出てきて、一人暮らしやたくさんの量を必要としない人にも便利になりました。
このチンゲン菜が持つ、ミネラルやビタミンの吸収率を高めるためには、油と一緒に摂るのが効果的です。
ニンニクや唐辛子とサッと炒めるだけでも、美味しくいただけます。
また、肉や卵などのたんぱく質と一緒にとる事で、栄養バランスが保てる便利な野菜です。

買い物の際は、切り口を見て、みずみずしいものを選んでくださいね。

 

健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!
 
 

まとめ

旬の野菜には栄養がたっぷり含まれます。
そして、何よりも美味しいですよね。
干し海老と炒めたり、キノコやお肉など冷蔵庫にある野菜の残りを何でも入れて炒めて、片栗粉でとじれば、中華風の一品が簡単に出来ます。
味も食感も楽しんで美味しく食べて、免疫力をアップしましょう。
更に、美肌にもいいので、健康と美に欲張りな女性にピッタリかも♪
欲張りな私もたくさん食べます!

 
 

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画 一緒に答え探しをしませんか。お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...