ムシムシの梅雨の時期、何を食べたらいいの~?

こんにちは。
沖縄好き、健康食プロデューサーの名畑(@NozomiNabata)です。
毎日ムシムシの時期ですね~~。
この時期は、すっきり汗をかくでもなく、じと~っと肌がしていてサッパリしません。
まだ身体が夏仕様になっていないので、汗がかけないんですよね。
冬のうちに汗腺などに老廃物が溜まって、汗がかけなくて、でも暑くて身体がもやっとしている感じがしますよね。
汗をかける体になると、身体が楽になるんですよ。
岩盤浴をしたり、温泉で目いっぱい温まったり、サウナに行ったり、手足を少し熱めのお湯につけたりしても、汗腺がきたえられます。
初めは、じと~っとした汗が出て、そのあとはサラサラの汗になります。
サラサラになったら汗腺が回復した証拠です。
汗をかける身体を意識してみてくださいね。
 
本題に入る前に、ちょっと長くなっちゃった(笑)
20160623
さて、梅雨の今の時期、何を食べていますか?
今年は玉ねぎが不作のようです。
他の野菜も同じかもしれませんね。
梅雨の時期って、野菜の種類が少し減ってきます。
旬の野菜や根菜類が少ないので、ビタミンやミネラルや食物繊維が摂りにくくなります。
この時期は、お米に麦やアワ、ヒエなどの雑穀を混ぜたり、栄養豊富な乾物海藻類をたくさん摂りましょう!
乾物は、お日様のエネルギーがいっぱいなので、この時期を乗り切るのにぴったりな食べ物なんですよ。
切り干し大根や、お麩、高野豆腐やゴマ、豆などたくさん食べてくださいね。
 
そうそう、乾物も梅雨の時期を過ぎて夏になると、品質が悪くなるんですよ。
買い溜めておいた乾物はこの時期に、一掃して下さい。
身体のためにも、お財布のためにもいいですよ(笑)
 
それから、この時期に食べて欲しいのが梅干です。
体温調節や発汗作用が上手くいかなくて、風邪を引いたり、胃腸が弱くなったりする人も多いんです。
梅干に含まれるクエン酸が、代謝を活発にして、お腹の調子を整えたり、梅干の塩分が身体をシャキッとさせてくれます。
見ているだけで、唾液が出ますよね。
この唾液が出ることで、胃腸を活発にしたり、食中毒などを防いだりもしてくれます。
美味しい梅干をたくさん食べましょう。
この時期は、梅干のおにぎりがとても美味しく感じますが、梅干やしそを入れたあっさりご飯や、野菜を梅和えにしても美味しいですよ。
 
そろそろ夏野菜が出回りますが、夏になるまでは火を通して食べてくださいね。
生で食べる場合は、よくよ~く噛んで食べてください。
お腹を守るために!
 
 
健康情報、そして時々沖縄情報を更新中です。よろしければ読者登録をお願いします。笑顔で元気な毎日を応援いたします。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などを活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...