明太子スパ 脳にいい食べ物レシピ#113

こんにちは。
沖縄好き、楽食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

 

簡単に楽しく作れて、美味しく食べて、元気を満タンにする食べ物シリーズです。
今回は、作る機会もおおいんじゃなかな~~明太子スパゲティ。
魚卵はよくないと言われがちですが、油を変えれば、体にやさしい料理になります。
 
 
のぞみレシピは、美味しいだけじゃない体にもいいものを紹介しています。
脳や身体の病気予防にもなるレシピなんですよ。
お、面白い!と思ったら、作ってみてくださいね。

 
 

明太子スパゲティ

 
20170411

  • 明太子の皮を取り除いて、オメガ3系の油で溶きソースを作ります
  • 明太子がスムーズに伸びるくらいの油を使いましょう。
    私は明太子一腹につき、大さじ1くらいの油を使いましたよ。

  • それをゆでたスパゲティに合え、シソや海苔をのせたら出来上がりです
  •  
    以上です。

     

     

    今日ののぞみポイント
    よくやるのは、明太子をバターやマーガリンなどで溶きますよね。
    それよりもオメガ3の油で溶いたほうが、明太子の風味も損なわないですし、血管にもいい、脳にもいいんです。
    油を毛嫌いするけれど、よい油を味方につければ、身体はもっともっと元気になるんですよ。
    今回使ったのは、しそ油です。
    20170411-2
     

     

    今日のレシピの脳にいいところ

    明太子
    魚卵はコレステロールが多いからよくないという節、添加物が多いからよくないという節・・・色々ありますがなんでも上手に使うことが大事です。
    添加物に関しては、なるべく添加物が少ないものを選ぶこと。
    コレステロールに関しては、悪者と決め付けないでくださいね。
    コレステロール値は、食物からの摂取に頼らず、必要量を自分で肝臓で作ります。
    だから、コレステロールを控えたところで、血中コレステロールへの影響はそれほどでもないんです。
    むしろ脳の働きに必要なコリンは、卵などに豊富に含まれているから、コレステロールを含む食品を控える結果、脳の栄養不足になる心配のほうが大きいんです。
    コレステロールをとらないことより、酸化させないこと!酸化した油脂を摂らない事こそが大事です。

    シソ油
    シソ油、エゴマ油や亜麻仁油などのオメガ3の油にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。
    特に注目したいのが「α-リノレン酸」が豊富である事です。
    このα-リノレン酸は体内で代謝されるとEPAやDHAに変わります。
    EPAやDHAは、動脈硬化を予防すると言われています。
    つまり血管をしなやかに強くして若く保ってくれるんですね。
    魚が認知症に良いといわれるのも、このEPAやDHAを含んでいるからです。

    毎食毎食しっかりと魚の栄養を取れれば良いですが、それがちょっと難しい人は
    これらを含んだ油をこまめにとる事が大事だと思います。
    しそ油、 亜麻仁油、エゴマ油、魚油を少しずつ摂りましょう。
    生活習慣病の予防や老化防止だけではなく、脳の機能維持にも役立ちます

    健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

    お悩みの方のご相談を受け付けております。
    一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
    お気軽に問い合わせください。
     
    お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
    私が出ますから、お気軽にお電話ください。

    メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
    お問い合わせはこちらから!
     

    名畑 のぞみ

    名畑 のぞみ

    山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「店長プロフィール」をご覧ください。

    You may also like...