レモンおにぎり 脳にいい食べ物レシピ#110

こんにちは。
沖縄好き、楽食アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

 

簡単に楽しく作れて、美味しく食べて、元気を満タンにする食べ物シリーズです。
今日はレモンを使ったおにぎりです。
塩おにぎり、焼きおにぎり(醬油、みそ)などおにぎりにも色々ありますが、レモンの味付けでサッパリ美味しく食べられる一品です。
食べ過ぎに注意してくださいね!
 
 
のぞみレシピは、美味しいだけじゃない体にもいいものを紹介しています。
脳や身体の病気予防にもなるレシピなんですよ。
お、面白い!と思ったら、作ってみてくださいね。

 
 

レモンおにぎり

20170120
 

  • レモンは良く洗って半分に切って冷凍しておきます
  • 出来れば、農薬などの心配が少ないものを用意してくださいね。
    20170120-2
     

  • 温かいご飯とシソの粗みじん切り、じゃこ、いりゴマを用意します
  • 20170120-3
     

  • 冷凍レモンを皮ごとすりおろし、ご飯に混ぜます
  • 20170120-4
     

    おにぎりにしたら出来上がりです!

    以上です。
     
     

     

    今日ののぞみポイント
    レモンって、冬が旬なんですよね。
    旬のレモンにはビタミンCがたっぷりと含まれます。
    風邪予防のためにもたっぷりと使ってください。
    レモンは加熱すると苦くなっちゃいますが、この方法だと苦味もなく、ビタミンCもたくさん摂れるんです。
    レモンのおかげで、塩分もかなり控えめなので、塩分を気にする人にもお勧めです。
     
     

     

    今日のレシピの脳にいいところ

    レモン
    疲労回復を素早く行うクエン酸が豊富に含まれ、脳の疲れもとってくれます。
    ビタミンCをたっぷり摂ることで体の酸化を防いでくれますし、ビタミンPが含まれるので、毛細血管を保護してくれる作用があります。
    体の中には毛細血管が無数にあるので、血管一つ一つを強くしなやかにしてくれます。
     
     
    ゴマ
    ゴマにはビタミンやカルシウム、カリウムなどたくさんの栄養を含んでいますが、注目したいのはゴマリグナンです。
    細胞膜の酸化を防いで、身体と脳を守ってくれる作用があります。
    また、ボケにつながりやすい脳梗塞を予防することでも有名です。
    ゴマを食べるとき、粒のままだとほとんど消化されないので、すりゴマか練りゴマを選ぶか、できれば調理前にすりこ木で摺って使うといいですよ。

     
     

    健康のこと料理のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

    お悩みの方のご相談を受け付けております。
    一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
    お気軽に問い合わせください。
     
    お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
    私が出ますから、お気軽にお電話ください。

    メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
    お問い合わせはこちらから!
     

    名畑 のぞみ

    名畑 のぞみ

    山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

    You may also like...