認知症って、どんな症状になる?

「サプリ缶」店長&健康アドバイザーの名畑(なばた)のぞみです。

認知症…どんな症状になるかご存知ですか?
知らないととっても不安ですよね。
家族がなったら…自分がなってしまったら…。

認知症を正しく知ることから

65歳以上の4人に1人が認知症、または認知症予備軍。
不安をあおるわけでは決してありませんが、高齢化が進む今、他人事ではないのです。でも怖がってばかりいても仕方がありません。

まずは、認知症を正しく知ることから始めましょう。
正しく知ることで、不安や悩みも少なくなりますし、対処法もおのずと見えてきます。

 

認知症は、ほかの病気と同じように早期発見が重要です。

認知症の中には、慢性硬膜下血や甲状腺機能低下症などのように治療可能な認知症もあれば、生活習慣を少し改めることで再発を防いだり、発症の時間を遅らせたりすることもできます。

まずは早期発見のために、認知症についておおまかな知識を持っておく事が大事です。

大きく分けて認知症の症状は二つ

基本的な症状についてまとめてみました。
症状は大きく分けて、二つに分類されます。

認知症になってしまうと誰にでも起こる症状の中核症状と、環境や人間関係、性格などが絡み合って起こる症状の周辺症状です。順を追って説明しましょう。

1)中核症状

 これは脳の神経細胞が壊れることによって起こり、認知症と判断される方の、
誰にでも共通してあらわれるものです。

  • 判断力の障害
    考えるスピードが遅くなり、筋道を立てて考えることが出来なくなり、混乱します。
  • 記憶障害
    新しいことを記憶できなくなります。ついさっき聞いたことさえ思い出せなくなります。認知症が進むと、数年、十数年単位で記憶を全部なくして、自分が今何歳なのかもわからなくなります。
  • 問題解決能力の障害
    新しい出来事や予想外のことに対処できなくなります。
  • 実行機能障害
    計画を立てたり、手順を考えることが出来なくなります。家電や自販機、ATMが使えなくなります。
  • 見当識障害
    「いつ・どこ」がわからなくなります。今日の日付が出てこなくなったり、よく知っている場所で迷うようになります。約束を守ったり、予定を合わせる事もできなくなります。
  • 失行
    ずっと使っていた物の使い方が分からなくなります。ボタンを掛け違えたり、後ろ前に着たりするようになります。
  • 失認
    お鍋やまな板など、知っているはずの道具を、それが何かわからなくなります。自分もわからなくなり、鏡に映った自分に話しかけたりします。
  • 失語
    「あれ」「これ」が増え、ものや人の名前が出てこなくなります。例えば、「はさみ」を「紙を切るもの」と言うようになります。言い間違いが多くなり、単語だけを意味もなく発することもあります。

2)周辺症状

一方、周囲とのかかわりの中で起きるのが、徘徊、睡眠障害、過食、暴力などの精神症状や行動障害です。これらは、周辺症状と呼ばれます。症状の内容や程度に個人差があります。

いろいろな症状がありますので、図をご覧ください。

中核症状と周辺症状02

不安からくる周辺症状

家族にとって、辛く、大きな負担になるのが、周辺症状です。
周囲の人が認知症という病気をしっかり理解しておけば、症状をいくらかでも減らすこともできます。

例えば、記憶障害のために、財布をおいた場所を忘れてしまえば、「盗まれたのではないか」と言う妄想が生まれ、その妄想に基づいた行動や暴言が出てしまいます。

今が居る場所が全く分からなくなれば、不安と混乱に襲われて、オロオロと歩き回って(=徘徊して)も少しも不思議ではありません。

また、ある人はオムツをしている状態が嫌で、徘徊や暴力などといった行動をしていました。
つまり、周辺症状は記憶力がなくなり、判断力が低下するなどの中核症状を背景にして起きるのです。
認知症になった人が、人格を失うからでは決してないのです。
認知症になったご本人が不安で不安でしかたない気持ちでいっぱいになってしまうのです。
まずはそこを理解して、周囲が混乱と不安を取り除いてあげる方法を見つけて実行すること。そして、思いやりをもって接することで症状は緩和できることを忘れないでください。

健康のこと食事のこと…ちょっと聞きたいなって思ったら

お悩みの方のご相談を受け付けております。
一緒に考えて、より良い方法を見つけましょう。
お気軽に問い合わせください。
 
お電話は平日16時-19時は045-717-9973にて、ご相談いただけます。
私が出ますから、お気軽にお電話ください。

メールでの問い合わせは、24時間受け付けております。
お問い合わせはこちらから!

まとめ

認知症は「なにかおかしい」と思っていても、普段一緒に過ごしている家族でも、初期の段階では気がつく事が難しいとされています。「あの人に限ってまさか…」という気持ちが、大きく働くようです。
初期症状のサインに気付いてください。早く気がつくことで、進行させないためのいろいろな手立てが見つかります。
万が一、進行した状態で気が付くと、家族も本人も、とっても辛い思いをします。

私たちに出来る事は、脳にいい生活習慣をすることです。生活習慣で、体に支障をきたしたり病気になるのと同じように、脳も大きな影響を受けています。今のあなたは脳栄養を与えて、やさしい生活をしていますか?ずっと、あなたのパートナーである脳にしっかりと働いてもらうために、悪くなる前に栄養を与えてくださいね。

「予防に勝る治療薬はなし」です。

名畑 のぞみ

名畑 のぞみ

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。 こんな症状で困ってるんだけど、どんな食べ物がいいの?などなど、健康にまつわる相談があれば、お気軽に(^o^)☆ 詳しくは「名畑プロフィール」をご覧ください。

You may also like...